読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日ももいちど、よっこらしょ

知的財産界隈で生息しています。地味に派手に面白い仕事だと思っています。

平成28年度LEC弁理士合格祝賀会

これまで士業が優遇されたのは、「情報格差」があったからだという来賓の方の言葉が印象的だった。士業でしか知らないことがあったから、士業は優遇された。でも、これからは、AIが人間よりも的確に優秀に士業をこなす時代が来るだろう。そうなると、情報量では差が出せなくなる。これからの、士業はそんな中での仕事になってくる。といった話だった。

 

AIに仕事を奪われるなら、それはそれで良いと思う。代替出来る仕事は代替された方がいい。あらよっとも、特許の仕事だと、調査とか大嫌い。こんなの、自分がやるよりAIがやった方が上手いし、速いしとか思ってしまう。でも、調査の専門家に言わせれば、AIには変われない調査の技能があるんだと思う。

 

AIがどんどん進化していくなかで、どんな風に弁理士として生きていこうか。そんなことを真剣に考えられる立場になれたことが嬉しい。←とにかくいまはこればっか