読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日ももいちど、よっこらしょ

知的財産界隈で生息しています。地味に派手に面白い仕事だと思っています。

著作物が自由に使える場合

著作物が自由に使える場合|文化庁

 

とても分かりやすくまとまってる。

複数出願にすべきか否かの判断基準

発明を発掘する方法がなかなかつかめません。発明を分ける方法も手探りです。

 

色々と試行錯誤した結果、暫定の方法は以下。

 

■その1

・課題が異なれば別出願

・上位概念の課題と下位概念の課題だと一出願

 

■その2

機能1,2,3…nとあった場合

・機能2(n)が機能1の代替案であった場合は別出願

≒機能2(n)と機能1が並列関係にある場合は別出願

・機能2(n)が、機能1の前提の上に成り立つ機能であった場合は一出願

 

 

とかかなぁ…。

弁理士短答試験

今年の弁理士試験の短答試験が昨日でしたね。自分が受かった年のことを思い出しました。

 

急に傾向が変わって、条約も難しくて、試験が終わった瞬間は絶望的な気分でした。この一年間はなんだったんだろうかと。

でも、その年短答は結局受かってたので、今年受けた方も気にせずひとまずゆっくり休むのが正解です(1日くらいは)!!でも、今日はLEC論文向けの特別公開講座に行って、論文までの過ごし方を考えることをお勧めします。

 

短答受けた当時は、試験会場の前でお祭りをやってたので、出会った受験仲間とワインをがぶ飲み後三軒梯子して終電で帰りました。

 

人がいないことを確認後、帰りの夜道で号泣したな。受けた感触では、努力が水の泡になる瞬間を見た…。と本気で思ってました。

 

その日はあんまり寝られず、でも、次の日仕事だったので、朝起きて、恐る恐る予備校の答えみて採点したら38点だったので、そこでやっと少し復活しました(もっとひどいと思ってたので)。昼?夕方?に特許庁の正式回答で採点したら40点で、「あ。生きてて良かった。」と思いました。

 

弁理士試験って、運もあるとほんとに思います。合格した年も、落ちても不思議じゃなかった。試験だけでも5~10月の長丁場、仕事が忙しかったり、家庭だったり色んな事情があるけど、最後まで試験を受けた。それだけでも価値のあることだと思います。受からなきゃ意味ないじゃん!って気持ちも痛いほど分かるけど、受からなくても意味あることを沢山経験する試験だと思います。

 

とりあえず、いつも通りの生活をする。そうしてれば、答えは勝手に出てくる。そう思います。

 

およげたいやきくん

また単調な一年が始まるのかと思うと憂鬱

2017年の目標

【通年テーマ】

『超余裕!!!』

度量をもって、以下を達成する。

 

弁理士関係】

《対外活動》これまで、受験勉強やら、弁理士試験の勉強やらなんやら、内にこもり自分と向き合う系の活動ばっかりだったので、書を捨て、街へ出よう!的な。

《附記対策》そして、来年は附記試験を受けるので準備。

《その他》

・試験勉強で得た知識が落ちてくので、なんか対策考えないとな。→青本読もうかな

・捨てるとは言ったものの、実務の書も爆読みしたいな。

 

【仕事】

 どうしよー…

・とりあえず、出願業務を一人で回せるようになるとして。

・一件くらい最初から最後まで明細書書きたいな。

・そして、今は仕事回すので精一杯みたいなとこがあるから、明細書の質を追求したい。訴訟に強い明細書の書き方を追求したい。

・あと仕事が面白いと思えるようになりたい。

・残業を減らす=超絶効率を追及する。

 

【英語】

 ・弁理士試験から解放され、国際的に仕事したいので英語頑張ろう。とりあえず、TOEIC800点を目標に。

指針は、

 

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

 

 

で、バッチリだからこれに従って。

・英会話は、英語の勉強が暫く進んだら、レアジョブ再開しよふ。

・中間だって、ライセンスだって日本代理人をはさまず直でやれたらもっと楽しいし、ウザくない。

 

【体力回復、増強】

・試験勉強で失われた体力を、ジムで走るor/and筋トレで回復しよう。

・心も体も元気になろう。

 

【外観を磨く】

単純に。外観を磨くのは万人の義務だ!という友人の言葉に感銘を受けたので。

 

【プライベートを充実させる】

あれよあれよと、いい年になってしまったので…。

 

具体化したら追記していきます。

 

2016年振り返り

2016年は、私の人生のなかでTop.3に入るいい年でした。弁理士試験に受かって、長年の試験の呪縛からやっと解放されて、目標が目標ではなくなった。達成できた年でした。

 

信じられないくらい沢山の人が祝福してくれて、自分自身も自分を祝福できました。

 

思い返せば2005年頃から、毎年毎年何かしらの試験を受けていて気の休まる年はなく「こんなに勉強したのに、また落ちるんだろうか…。」という恐怖との戦いでした。

 

人生で一番勉強したのは、今年ではなかった気がしますが、一番適切に勉強できたのは今年だった気がします。友人の誘いを全て断って勉強した年もあったし、ご飯を食べるとき以外全て勉強した年もありました。

 

でも、今年はそうではなかった。飲みにも行ったし、人のお祝いにも参加したし、仕事もしたし…ポケモンもしたし、勉強もしたし。ちょうどバランス良く、目標も達成できた。

 

全てを勉強に注いだ数年の努力が実らず、あんなに勉強しても、しなくても結果は変わらなかったと嘆いたときに「でも、人生両極端やってみないと、どこがバランスいいとこか分からないよ」と言ってくれた言葉は忘れられないです。

 

見切りをつけることも重要と言われるし 、真実の場合も多分にあると思う。ただ、私の場合は最後までやりきって良かった。結果的に。でも、今年弁理士試験に受かったとき、これで受からない可能性も十分にあったし、落ちてもまた続けただろうと、心から思いました。

 

結果的に、良かった。続けて結果的にいい結末で運が良かったです。

 

この機会を大切にしようと思います。折角頂いたこの機会を大切に大切に、社会にお返ししていこうと思います。これからも勉強を続けて、善い弁理士になろうと思います。

 

いつも信じて応援してくれて、優しさとユーモアをいっぱいくれてありがとう。

 

直接言うのは恥ずかしいのでこっそりworld wide webで記しておきます。(全然こっそりじゃない)

 

方針は思案中

知財に関する仕事をしています。

知財関係のあれこれを中心に、思うところを徒然なるままに。

毎日お布団でぬくぬく寝てたいけど、「今日ももいちど、よっこらしょ」と外へ出ると、結果楽しいことがあるみたい。という最近の発見をブログタイトルにしてみました。