読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日ももいちど、よっこらしょ

知的財産界隈で生息しています。地味に派手に面白い仕事だと思っています。

およげたいやきくん

また単調な一年が始まるのかと思うと憂鬱

PROGRESS

実務修習も終わり、また、日常が戻ってきた。久しぶりに、俗世にまみれた悩みが出て来て、あぁ。余裕が出来たのだなと思う。

 

敗者復活の意味を込めた挑戦だったけど、結局、思ったほどスマートな自分は作り出せなかった。「ずっと探してた、理想の自分ってもっと格好よかったけど(by スガシカオ)」的な。

 

でも、弁理士試験ごときでこんなに学ぶことが多かった人も少ないだろう!という自負ができたりして、まぁ、良いかとも思う。

 

敗戦からの復活の難しさは、多分自分だけにしかわからないけど。根性ついたし、ネタにもなるし。まぁいいか…。

 

色々ボコボコになったから、せめて、優しくて面白い話が出きる人間になれたらいいなぁ。

2017年の目標

【通年テーマ】

『超余裕!!!』

度量をもって、以下を達成する。

 

弁理士関係】

《対外活動》これまで、受験勉強やら、弁理士試験の勉強やらなんやら、内にこもり自分と向き合う系の活動ばっかりだったので、書を捨て、街へ出よう!的な。

《附記対策》そして、来年は附記試験を受けるので準備。

《その他》

・試験勉強で得た知識が落ちてくので、なんか対策考えないとな。→青本読もうかな

・捨てるとは言ったものの、実務の書も爆読みしたいな。

 

【仕事】

 どうしよー…

・とりあえず、出願業務を一人で回せるようになるとして。

・一件くらい最初から最後まで明細書書きたいな。

・そして、今は仕事回すので精一杯みたいなとこがあるから、明細書の質を追求したい。訴訟に強い明細書の書き方を追求したい。

・あと仕事が面白いと思えるようになりたい。

・残業を減らす=超絶効率を追及する。

 

【英語】

 ・弁理士試験から解放され、国際的に仕事したいので英語頑張ろう。とりあえず、TOEIC800点を目標に。

指針は、

 

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

 

 

で、バッチリだからこれに従って。

・英会話は、英語の勉強が暫く進んだら、レアジョブ再開しよふ。

・中間だって、ライセンスだって日本代理人をはさまず直でやれたらもっと楽しいし、ウザくない。

 

【体力回復、増強】

・試験勉強で失われた体力を、ジムで走るor ボディコンバットで回復しよう。

・心も体も元気になろう。

 

【外観を磨く】

単純に。外観を磨くのは万人の義務だ!という友人の言葉に感銘を受けたので。

 

【プライベートを充実させる】

あれよあれよと、いい年になってしまったので…。

 

具体化したら追記していきます。

 

2016年振り返り

2016年は、私の人生のなかでNo.3に入るいい年でした。弁理士試験に受かって、長年の試験の呪縛からやっと解放されて、目標が目標ではなくなった。達成できた年でした。

 

信じられないくらい沢山の人が祝福してくれて、自分自身も自分を祝福できました。

 

思い返せば2005年頃から、毎年毎年何かしらの試験を受けていて気の休まる年はなく「こんなに勉強したのに、また落ちるんだろうか…。」という恐怖との戦いでした。

 

人生で一番勉強したのは、今年ではなかった気がしますが、一番適切に勉強できたのは今年だった気がします。友人の誘いを全て断って勉強した年もあったし、ご飯を食べるとき以外全て勉強した年もありました。

 

でも、今年はそうではなかった。飲みにも行ったし、人のお祝いにも参加したし、仕事もしたし…。ポケモンもしたし。勉強もしたし。ちょうどバランス良く、目標も達成できた。

 

全てを勉強に注いだ数年の努力が実らず、あんなに勉強しても、しなくても結果は変わらなかったと嘆いたときに「でも、人生両極端やってみないと、どこがバランスいいとこか分からないよ」と言ってくれた言葉は忘れられないです。

 

見切りをつけることも重要と言われるし 、真実の場合も多分にあると思う。ただ、私の場合は最後までやりきって良かった。結果的に。でも、今年弁理士試験に受かったとき、これで受からない可能性も十分にあったし、落ちてもまた続けただろうと、心から思いました。

 

結果的に、良かった。続けて結果的にいい結末で運が良かったです。

 

この機会を大切にしようと思います。折角頂いたこの機会を大切に大切に、社会にお返ししていこうと思います。これからも勉強を続けて、善い弁理士になろうと思います。

 

いつも信じて応援してくれて、優しさとユーモアをいっぱいくれてありがとう。

 

直接言うのは恥ずかしいのでこっそりworld wide webで記しておきます。(全然こっそりじゃない)

 

平成28年度弁理士実務修習

今日から、実務修習!倍速で聞けたら、いいのにーっ!!!

 

 

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

 

 『日本語の作文技術』を読んで、弁理士たるもの正しい日本語を使いましょうという示唆があった。

平成28年度LEC弁理士合格祝賀会

これまで士業が優遇されたのは、「情報格差」があったからだという来賓の方の言葉が印象的だった。士業でしか知らないことがあったから、士業は優遇された。でも、これからは、AIが人間よりも的確に優秀に士業をこなす時代が来るだろう。そうなると、情報量では差が出せなくなる。これからの、士業はそんな中での仕事になってくる。といった話だった。

 

AIに仕事を奪われるなら、それはそれで良いと思う。代替出来る仕事は代替された方がいい。あらよっとも、特許の仕事だと、調査とか大嫌い。こんなの、自分がやるよりAIがやった方が上手いし、速いしとか思ってしまう。でも、調査の専門家に言わせれば、AIには変われない調査の技能があるんだと思う。

 

AIがどんどん進化していくなかで、どんな風に弁理士として生きていこうか。そんなことを真剣に考えられる立場になれたことが嬉しい。←とにかくいまはこればっか

平成28年度弁理士試験!合格!!発表!!!

ホントにやっとこさ、「合格」の発表でした。

無事合格できました。いろんな人が、おめでとう!やったじゃん!!と言ってくれて…こんなにおめでとう!て言ってもらったことなかったな…。

でもたぶん、私が大学に合格したときも就職決まった時も、同じだけおめでとうって言ってもらってたんだろうな。自分でもおめでとうて心から思えたんだなっておもうと、感慨深いです。9日は仕事しながら、ちょっと涙目でした。夕陽がきれいだった。